【STD研究所】最高精度の『検出感度』と”陽性反応後”の『医院紹介』を無料で行うNo.1サポート体制

【STD研究所】最高精度の『検出感度』と”陽性反応後”の『医院紹介』を無料で行うNo.1サポート体制 男の悩み
この記事は約9分で読めます。

株式会社アルバコーポレーションが運営する 『STD 研究所』。郵送検査会社はサービス内容がや質が似ているのだが、そんな中でSTD 研究所は他と違う特色を打ち出しているんや。

具体的には価格は少し割高になってでも高精度な検査結果と陽性と出た場合の医療機関への橋渡しをして心のケアをするサービスや。

ちょっと気になったから一応検査するだけという人と、交際や結婚を契機ににしっかり検査したい人、性病の怖さを知ったので一度しっかり調べたい人。いろんなニーズの人がいるからバッチリハマる人と、そこまで手厚くやらなくてもいいから安く済ませたい人などがいる。

どうせ検査を受けるなら一番正確な検査で万が一陽性が出た時にはしっかりサポートしてくれるそんなサービスを望む人には STD 研究所が一番いいで。。

 

STD研究所の特徴


検出感度が一番高い

STD 研究所は検体の件す感度は業界内で1位。PA 抗体価の違う複数の調査検体をブラインド検査をした時に最も良い制度を出したのが STD 研究所。

郵送検査会社を営むためには、、一定水準を満たした許可が必要であるので、他の検査会社もその基準をもちろんを満たしているのでどこで受けても正しく性病であるかが判断できているわけだが、「偽陽性」、「偽陰性」といった微妙な判断の時にでも少しでも精度の高い結果が欲しいものだ。

その点において STD研究所の検査結果は最も検出感度が高いから少しでも精度が高いか知りたいにこそおすすめ。

精度に関して若干マニアックな情報だがSTD 研究所は、川崎に自社ラボがあるんや。要するに自前で検査する建物と設備と人を揃えているということや。自社ラボを持たず集めてきた検体を検査する会社に外注している郵送検査キット会社もあるわけや。

自社ラボを持つとコストのかかるけど、検査結果が早く出たり、検査のノウハウがどんどん積み上げられると言うメリットがあるんや。全国から集まった検体を検査すると言っても、ただ機械にセットしてボタンを押すだけではないんや。実際には検査技師と言われる人が希釈をしたり培養したり職人芸的な要素も入るんや。これらのことも相まって STD 研究所が厚生労働省の行うブラインド検査で一番高い精度出したということなんや。

豊富な検査項目(価格は若干高め)

STD 研究所は同じような検査内容で比較した時に金額は若干高め。その理由の主なところは、自分達で高い精度の検査結果を返すために川崎市に自社ラボを構えているため。陽性の反応が出た人に対して、他社が行なっていない『医療機関連携』を専任スタッフを抱え行っているためなんや。

性病検査キットの本来の目的。性病であるかどうかを正しく判断し、性病であるならば、正しく安全に心地よく直してくれる医療機関に行き、体を健康な状態に治す。これを実現しようとすると、価格は他社の最安価格より高い金額設定になっている。

人気の検査キット

人気度名称検査項目価格(税込み)
男性1位タイプE
(男性用)
・クラミジア
・淋菌・HIV(エイズ)
・梅毒・B型肝炎
10,120円
男女共用1位タイプJ
(男女共用)
・HIV(エイズ)5,060円
女性1位タイプS
(女性用)
・クラミジア・淋菌
・トリコモナス
・カンジダ
・クラミジア(のど)
・淋菌(のど)・HIV(エイズ)
・梅毒・B型肝炎
17,050円
男性2位タイプR
(男性用)
・クラミジア・淋菌
・クラミジア(のど)
・淋菌(のど)
・HIV(エイズ)
・梅毒・B型肝炎
16,225円
男性3位タイプP
(男性用)
・クラミジア
・淋菌
・クラミジア(のど)
・淋菌(のど)
10,120円
取り扱っている検査項目
クラミジア(性器) / 淋菌(性器) / クラミジア(のど)・淋菌(のど)/マイコプラズマ・ウレアプラズマ / トリコモナス / カンジダ /一般細菌 / 高リスク型HPV / HIV(エイズ)/ 梅毒 / B型肝炎 / C型肝炎

STD研究所の検査キットは、最大で12項目まで対応。(男性最大10項目、女性最大12項目)

検査キットのレパートリーは全部で24種類。よほど性病の事について詳しくないと何を選んだらいいかわからないので、カップル検査におすすめの7項目や少年炒り煮やりたい時の項目など目的をもって網羅的に検査できるパックが用意されている。

しかしこの点についてはどの検査会社もほぼほぼ同じような組み合わせになる。医学的に考えていくとここでは差別化ができず、ほとんど同じような組み合わせになる。

STD チェッカーが選びやすい

性病の数はよくよく調べてみるとたくさんある。

  • クラミジア
  • 淋病
  • カンジダ
  • 一般細菌
  • HPV
  • マイコプラズマ
  • ウレアプラズマ
  • HIV
  • 梅毒
  • B 型肝炎
  • C 型肝炎
  • 尖圭コンジローマ
  • トリコモナス

種類だけでも多くて頭がこんがらがるのに、同じクラミジアでも性器に症状が出る場合と喉に症状が出る場合がある。そうなるとネットの情報を見て、「自分は多分この病気の可能性が高いな」と当たりをつけるのが難しくなる。

その時に STD チェッカーが役に立つ。画面に出てくる質問に5~6問答えると、最適な検査キットを2種類ぐらい紹介してくれる絞り込みツールや。

調べると言うよりも、『あなたに合ったものはこれです』と、根拠付きで提案してくれるので、安心して選べるのがええ。

ホームページがよくできている

STD 研究所のホームページは青を基調とした見やすいホームページ。良い情報にたどり着きやすい作りになっていてストレスなく勉強できる。

このあたりは実際に見るのが一番。ここから。

今現在は全く性病の疑いがない人も、オトナの知識として知っておくと良いと思うで。性病の怖さや厄介なところを知っていれば、一夜限りの関係が持てる時でもコンドームを使う意識がさらに高くなる等、知識が高くなると意識も高くなるで。

性病について調べたい時に、「これはどうかな」「こんなときどうするのかな」「これはいくらぐらい」「この言葉の意味は」と知りたい情報がまとまっている親切なサイトや。

検査キットの発送が早い(15時までの注文で当日発送)

いざ「性病検査をしてみようかな」と思うと、人は不思議なことに早く結果を知りたくなるものや。Web で申し込んだ後に検体を採取するためのキットがSTD 研究所から送られてくるタイミングについてまとめたで。

配送方法お届け日数送料
佐川急便15時までの
注文で当日配送
全国一律550円
メール便1日~3日無料
郵便局留め1日~3日全国一律550円

毎日15時までに注文すれば、検査キットを当日発送してくれるんや。これは他の会社と比べても早い方や。STD研究所 の『当日発送』は配送業者の人に受渡をするという意味らしいから、本当の意味で届くのが早いで。会社によっては当日発送と言っておきながら、社内の『物流倉庫から発送手続きした』という意味でもこの言葉を使う会社があるんや。

しかも STD 研究所は平日だけでなく土曜日と日曜日も発送してくれる。(※祝日は除く)

土日発送は嬉しいな。金曜日の夕方に注文した分が月曜日に発送されるのはだいぶ時間をロスするからな。

STD 研究所の発送元は大阪。大阪から全国各地に届けられるんや。だから大阪から近い地域の人はさらに早く届くし、遠方の人は時間がかかる。

配送方法は3種類用意してあるで。

  • 佐川急便(有料だが早い)
  • メール便(配達日時が指定できない)
  • 郵便局留め(近くの郵便局に取りに行く)

とにかく『少しでも早く届いてほしい場合』には佐川急便がおすすめ。全国で一律で550円かかる。「沖縄と離島を除く」としないで一律料金なのもなんか好感がもてるのは俺だけか。

別に急がない人は送料のかからないメール便がええねん。都市部ならそれほど違いはないけど、地方だと数日遅れることがあるで。

検体採取に失敗してしまった時にも、無料で商品を届けてくれるのも、嬉しいポイントだ。

検査結果が早く出る(検体到着後翌日)

STD 研究所は自社ラボと言って自分のところで検査ができる体制を整えている。神奈川県川崎市に検査センターがあってそこに大型の機械と検査技師がいて全国の検体をそこで検査しているわけや。(川崎市衛生検査所登録第291号)

そんなのは当たり前のように感じるかもしれないが、郵送検査事業を行っている会社の多くは、集めた検体を検査会社に委託して検査してもらっているわけや。それが悪いというわけではなくビジネスモデルの違いや。自社で設備を持たなくて済むのでコストを抑えられるメリットがあるわけで、実際にそういう会社は検査費用が安いことがほとんど。

話は戻るが STD 研究所は自社で設備を持つので、検体を別のところに一掃させる手間や時間もかからないので早く結果が出るわけや。

プライバシーに配慮(他社同様にしっかりしている)

プライバシー配慮も大事な点。この点においては、他のどの郵送検査会社においてもしっかり配慮されていて際立って STD 研究所が良いというところもない。他の会社に負けず劣らずちゃんとやっているという印象。

検査キットを受け取る時
中身が性病検査キットであると。分からなくなっている
(無地のダンボール、企業名から察しがつかない送り主名)
個人名を記入しない
名前代わりに「ID」を使い、検査~結果通知まで行う仕組みを採用。
検査会社の人でさえ、どこの誰が検査をしたか分からない仕組みだ。
検査結果を知らせる時
本人だけがアクセスできるサイトに「ID」「PW」を入れて確認する仕組み。
確認後、データ消去可能。
郵送しないので、誰かが開けてみてしまう『開封事故』も起きない。

『陽性反応』後の医療機関連携までしてくれるサポート体制

STD 研究所は陽性が出た後に、医療機関連携までしてくれるサポート体制をもうけているんや。専用画面にてチャットを使い、悩み相談からクリニック選びまで付き合う。「ワンナイトしちゃったから一応、性病検査を受けておこう」と気楽に検査を受けたつもりでも、実際に「陽性反応」が出ればひどく落ち込む人もたくさんいる。

このクリニックがいいですよというだけでなく、具体的に依頼があればクリニックに電話をして、橋渡しをするところまでしている。( ID 番号何番の人が行きますので、大変ショックを受けているのでご丁寧に対応されてくださいなど)

機械的にやるのでなく専任のスタッフをお金をかけて配置してそのものにやらせる。手入力で対応しているので、労力としてはある(アルバコーポレーションのご担当談)

STD チェッカーは金額だけを見ると若干高い。その理由は、医療機関連携を行うために専任のスタッフを常備させるなど他社がやらない部分にまでコストをかけているから。

自分は陽性が出たとしても、自分でネットで治療してくれるクリニックを探せるし、クリニックに連絡を取ったりすることも苦ではないから困らない。さらに深刻に性病に悩んでいるわけでなく、ちょっと気になるから、全体的に検査するために出来るだけ安いものを選びたい、そういう人は STD じゃないもっと安い会社の物を選べば良い。

現在このサービスをやっているのは STD アルバコーポレーションだけ。 STD研究所は性感染症防止の動きの中で厚生労働省の部署とやり取りをすることもあるのだが、厚生労働省の考えとしては、『性病検査をして陰性か陽性かを判断して終わりはダメ』。 と考えているらしい。将来的には STD研究所が行なっているような、陽性反応が出た人に対しての医療機関連携も業務商品とセットにするべきではないかという議論も真剣に出ているらしい。業界先駆けでこのサービスを行っている STD を素晴らしい。 

性病かも・・・・・・

悩んでないで検査

コメント 「参考になったよ」「ちょっと質問があるんだ」そんなことがあれば、ここのコメント欄に書いてな!松 タケオのチンコは何センチ?とかはやめてな~(笑)

タイトルとURLをコピーしました