プロフィール

この記事は約12分で読めます。

プロフィールページに来てくれてありがとう。

『自己紹介』と、「どんな想いでブログを書いているか』を書くから読んでや。

俺は東京都に住む、ごく普通の男や。堂々と、

  • 顔なら負けない
  • 人に誇れる経歴がある
  • 自慢できる特技がある
  • こんな体験談がある
  • 大金を持っている
  • スタイルがよい
  • 運動神経が抜群
  • 女の子と話すのが得意

そういうことが言えたらいいけど言えない。

どこにでもいる普通のスペックの男なんや。だけど、このスペックにしては、ありえない1つの事実がある。それは、夜な夜な女の子とセックスをしていることや。

ハイスペックな男にしかできないとはずの『女遊び』を、なぜ平凡スペックの俺ができるかについて話すで。

俺の自己紹介をするにあたっては、『非モテの学生時代』と『努力の男磨き』について語らないことには、始まらない。

まずは、俺の『非モテの学生時代』を赤裸々に書くから読んでや。

全く女の子と会話が出来なかった18年間

義務教育時代の話。言わずもがな、小学校、中学校、高校、全部同じようにモテずに過ごしてきたんや。

手をつないで帰るとか、告白をされるとか、学校祭で写真撮ってください!と言われるとか、彼女ができるとか・・・・・・・・。無し。

そんな甘酸っぱい思い出は皆無で、青春時代は過ぎ去っていったんや。(想像できるやろか?この不憫ふびんさ)

物心ついた中学生の頃からは、負け犬根性がついてしまっていた。
『自分のモテなさ具合』を「生まれつきだから仕方ない」と自分の中で納得してしまう有様。完全に恋愛に関して諦めモードだったんや。

恋愛がない青春時代だったので、男友達とゲームをやったり、ネトゲをやったり、パソコンをやったりしてティーンエイジャーを過ごしたんや。

転機1(自分がモテない理由を知る)

転機が訪れたのは大学生なんや。なんとか三流大学に入り、大学生活をスタートさせたんや。「大学デビュー」できずに、新しくできた大学の男友達と過ごす日々を送っていたんや。

そんなある日、街を歩く人をふと見ていると、たいしてカッコよくもないのに、言ってしまえば自分と同じレベルの顔なのに、可愛い女の子と歩いているカップルが目に入ったんや。

こういうアンマッチなカップルを、目にすることは今までも何度もあったけれども、特に気にとめることはなかったんや。「あの人は可愛い女の人と歩いていて羨ましいうらやましいなあ」とその程度だったんや。

ただ、その日は、何か頭の中に引っ掛かりがあったんや。「このアンマッチには何か特別な理由があるんじゃないか?」と気になってしょうがなくなったんや!

それですぐに、大きな駅の駅前にある喫茶店に入り、通りがよく見える窓際の席に座って、街を歩くカップルを観察したんや。

  • 非イケメンが、可愛い女の子を連れているのは、どのくらいいるか?
  • その男は、どんな顔をしているか?
  • その男は、オシャレなのか?
  • その男は、外見的にどんな特徴があるのか?

2時間ぐらいは喫茶店にいたと思うで。世の中をちゃんと観察してみたら、思いのほか、アンマッチなカップルが多くいることに気づいたんや。「これは100%何か理由があるはずや!」と確信したんや。

①目指す姿)
②(当時の俺)
  • モテない顔なのに、モテるパターン(目指す姿)
  • モテない顔が、そのままモテないパターン(当時の俺)

この『違いを生む違い』は何なのかが気になってしょうがなかった!

それは何か?と考えるのだが、背が高い男もいれば低い男もいる、おしゃれな男もいればダサい男もいる。外見については、これといった明確な相関関係を見つけられなかったけど、モテる男に共通する特徴があることに気づいたんや。

それが『自信』だった。たいしてカッコよくもないのに、可愛い女の子を連れている男は、堂々として楽しそうなんや。一言で言うと「自信満々」に見えてくる雰囲気があったんや。
 
この「自信」に焦点をあてて、自分の今までのことを振り返ってみると、「オレは自信のない人生を歩んできたな」とつくづく思えたんや。

自信というのは自分を信じる力のこと。子供の頃から消極的で、周りのジャイアンみたいな奴にいじられる性格だったのも影響していると思う。いじめられてはないけど、クラスの中の『しょぼいイジられキャラ』の立ち位置が定着してしまっていたんや。

修学旅行のお風呂では「ホーケイ、ホーケイ」とか「山崎ホーケイ」と、包茎をバカにされたり、「お前のチンコ小さくね?」と、しょっちゅうからかわれていたんや。

「たかだか包茎で粗チンなことぐらい、なにさ!」と口では強がってみせていたけど、心は、男のシンボルを馬鹿にされることで、自信をなくしていたんや。

それでも男友達に小馬鹿にされるだけなら、今思えば、そこまで深刻な悩みではなかったんや。(嫌だったけど) 

当時の自分が一番不安に感じていた事は、このチンコ(包茎・短小)だと、これから、話術がうまくなり、女の子と付き合えたとしても、セックスの時に幻滅されてしまう、という不安だったんや。

いざ女の子の前でパンツを脱いだ時、嫌な空気が流れ、冷たい目で見られることの恐怖。この恐怖感が強いため、『女の子とエッチしたい気持ち』はあっても、女の子にアプローチすることをためらってしまう自分がいたんや。

転機2(童貞卒業~包茎卒業)

そんなこんなで、基本的に冴えない日々は過ぎていった。そんな中、大学の友達に連れていってもらった、吉原のソープで童貞を捨てたんや。(舞ちゃん:20,000円)

風俗とはいえ、童貞卒業という事実は特別なもので、女の子に対するビビリも、少しは取れた気がする。そんな心境の変化や、最大級の幸運もあって、短い間ではあったけど彼女ができたこともあったんや。(大学の男友達がそうなるように仕向けてくれた)

だからセックスをさせてもらえる機会が増えたんだけど、包茎で小さいチンコだったので「女の子をイカす」とか「女の子をセックスで感じさせる」という経験は出来ずじまいだったんや。

この時期は、変化の兆しは少しだけ見えてきたけど、男の自信においては、全然持てない時期だったんや。

やっぱり自分に足らないのは『自信』。

「俺は俺!」「顔は不細工でも女にはモテるぜ」「俺は男らしくてイケてるから何にも気にしていないぜ。何か文句あるか」「俺の魅力は半端ないから、女には困らないぜ」

こういう俺に「ついてこいや!!」的な強烈な自信が欲しかったんや。

そうやってもがき苦しんでいる大学2年生、20歳の時に自分を変えるきっかけを掴めたのが、メンズクリニックで受けた包茎手術だったわけや

女の子と仲良くなっても、最後はセックスでパンツを脱いで、そこで「包茎と粗チン」を見られ、幻滅されて悲しい気持ちになる。これが怖くて先に進めないのなら、「根本原因の包茎と小さいチンコを治せば、何かが変わるはず!だと思ったんや。

その時は既に20歳を過ぎていたから、親の承諾がなくても、自分の判断で手術を受けられたんや。

勇気を出してメンズクリニックに問い合わせをしたんや。めちゃくちゃ恥ずかしかったし、緊張して、しどろもどろだったけど、2日後の手術の予約をとったんや。そしていざ手術当日になってドキドキ状態のままクリニックに行ったんやね。

実際クリニックに行ってみたら、ある意味、事務的に淡々と進んでいく感じだったわ。一番緊張したちんこを見せる時も、こっちが緊張しているだけで、向こうは当たり前のような感じで淡々と診察してくるもんやからあっけにとられてしもうたわ。

こちらにとっては初めてのことでも、向こうにとっては毎日のことだからなんてことはないんだなと思った記憶が残ってるわ。とにかく、自分のちんこを見ても、何ら驚く様子もなく、普通にされたことに、妙にホッとしたのを覚えているで。

俺のやってもらった手術は、「包茎手術」と「亀頭増大手術」の2つ。包茎を治した上で、亀頭に注射を打って大きくする手術や。

傷跡が1番目立ちにくい『鬼頭直下環状切開法』で包茎手術を受け、亀頭に増大の注射を打ってもらったんや。手術時間は全部で40分くらいだったで。チンコの皮がムケて、鬼頭がムクッと大きくなったんや!ついに皮かぶりの先細りのチンコでなくなった瞬間なんや。

これは自分にとって大きな変化だったんや。「たかがチンコぐらいで」と思う人もいるだろうけど、ちんこは男のシンボルだから、そのチンコが人並み程度に『立派』になったことで、驚くほど自分に自信がついたんや。

「これでチンコを馬鹿にされない」し、「女の子の前でパンツを脱いでも、ショボいと思われない」と思うと、急に「安心感」と「人生に対する前向きな気持ち」が湧いてきたんや。これは大きな心境の変化やったな。

気持ちが前向きになると人生は好転するものや。大学のクラスの女の子やアルバイトで一緒になった女の子など、顔を知っている人であれば、前よりはずっと積極的に話しかけられるようになったんや。

『その流れでトントン拍子に彼女ができた』、とまではいかなかったけど、今まで経験できなかった青春を取り戻すべく、アルバイトをして稼いだお金で『風俗』にもチョクチョク行くようになったんや。

風俗の女の子相手ではあるけど、感じさせる経験も増えてきたんや。もちろん向こうも「仕事」だから「演技」だったかもしれないけど、それでも嬉しくて男の喜びを知り始めた時期なんや。

人間不思議なもので自分に自信がついてきて、物事をポジティブにとらえるようになると、ますます女の子と出会いたくなるもんなんや。今までは目が合うだけでドキッとしてしまう女の子恐怖症だったのに、「女の子と喋りたい!」という気持ちがどんどん強くなっていったんや。

遅咲きの思春期が来たって感じや。20歳まで出来なかったこと、堰を切ったように、やりたくなった感じや。

とはいえ、初対面の女の子とうまく話せるわけがない。やっぱり生身の女の子(特に面識のほとんどない女の子)を目の前にしてしまうと、緊張してうまく喋れないのは同じだったんや。

転機3(出会い系サイトでコツをつかむ~人生初のモテ期の到来)

そこで、目を付けたのが出会い系サイトだったんや。
女の子慣れしてない当時の俺には、何も情報がない中で会話を盛り上げるのが出来なくて、いつも会話がグダグダになっていたんや。出会い系サイトならゆっくり考える時間があるから、うまくいくんじゃないかと思ったわけなんや。

そんなわけで出会い系サイトを始めたんだけど、出会い系サイトは自分の性に合っていたんや。いきなり会って話すわけではなく、女の子のプロプロフィールを見て、「趣味」や「興味」が「嫌いな事」が分かった上で、スタート出来るからスゴくやりやすかったんや。

どんなことを聞けばいいか、どんな話題を振れば盛り上がりそうか、事前に色々考えた上でメッセージを送れるので安心して取り組めたんや。

女の子の心を読めず的外れまとはずれなメッセージを女の子に送って、スルーされることはあったけど、対面ではないので、そこまでヘコむことがなかったな。リアルなやり取りなら、心がもたなかったはずや。

まあ出会い系サイトには「援デリ業者」や「冷やかし」なんかもたくさんいて、随分とお金を吸い取られたけど、繰り返すうちに少しずつ、うまくいくことも増えていったんや。

その頃、大学を卒業して社会人になったんや。毎月まとまったお金が入ってくるので、出会い系サイトにかけるお金も増やせたしな。

出会い系サイトを長くやっていくと、コミュニケーション能力の低い俺にも、いろんなノウハウがついてきたんや。サイト特有の特徴や、女の子とのメッセージのやり取りから、『業者』なのか『冷やかし』なのか『素人』なのかが、なんとなく分かるようになってきたんや。

あと、出会い系の『直感センサー』が少しずつ働くようになってきたんや。女の子とやり取りしていると、なんとなく寂しそうだったり、いわゆる心の隙間がありそうな感じが分かるようになったんや。

これが分かってきてから、寂しがってる女の子と出会う機会がグンと増えたんや。

彼氏に振られた直後だったり、職場で嫌なことがあった日だったり、就職で悩んでいるなど・・・・。こんな状態の女の子は、鬱憤うっぷんを晴らそうと、「誰でもいいから、抱かれてもいい」という気持ちのことが少なくなかったんや。普通の状態なら俺のことなんて相手にしてくれないレベルの女の子でも、やけになっているタイミングなら、俺でもワンナイトすることができたんや。

なんと、こんなことが半年の間に3回も続いたんやで。20数年間モテたことが1度もなかったのに、ついに俺は、人生初めてのモテ期を迎えたんや。

本当にモテる人からすると「それはモテるとは言わない」と突っ込みが入るだろうが、俺にとっては関係ない話や。

なぜなら、生身の女の子がメッセージのやり取りをした後に、リアルで会って、その上で会話をして、そして合意のもとエッチをしているんだからや。お金を支払って売春とは違い、モテカウントでいいと思っているからや。

総括(知識と行動で男の快楽は誰でも実現できる)

生まれてから20数年間、モテる経験をしたことがなかった俺からすると、本当にこれは幸せ体験だったんや。女の子から興味を持たれて、話しかけられ、その結果ベッドインできるのはどれほど幸せか。(すでに「包茎手術」と「亀頭増大手術」を受けていたから、ちんこが引け目になることはなかったで)

こんな経験を何度かしていたら、モテなくて『自信』がなかった今までの自分が、いつのまにか姿を消していたんや。

今までの自分を知ってる人に会うと「だいぶ変わったな」「別人みたいだね」「社会人デビュー?」とかよく言われるで。

今思えば、「包茎手術」と「亀頭増大手術」をして、ちんこがズルムケになって、大きさもそれなりに立派になるところから、自分が変わる転機が訪れたんやと思う。

女の人が、乳ガンでおっぱいを切除すると、うつ病になる人がいるように、男にとってちんこはシンボルであり、自信の象徴なんだとつくづく思うんや。

そんな俺だけど女の子と青春時代を全く過ごさなかった分を取り返そうと、今も男磨きを繰り返して、(増大サプリ、ヒゲ脱毛、)出会い系サイトを主戦場にして日々努力しているで。

出会い系サイトを使って女の子と遊ぶのは、もはやライフワークや!人生の中でセックスは最高にワクワクする瞬間やな。

セックスは何度しても飽きないし、初めての女の子とするセックスは、(最後の最後で逃げられたらヤダな的なドキドキ感を含めて)心の高揚が半端ないで。まさに生きてるって感じやで。

このサイトは20数年間、全くモテない人生を歩んできた超平凡な俺が、そこそこ女の子と遊べるようになれた体験とエッセンスを公開しているサイトや。  

俺自身が女の子に全くモテない人生を歩んできたから、モテない人の辛い気持ちがよく分かる。今、困っている人や、悩んでいる人の力になりたいんや。男として生まれてきたからには、一度くらい男の快楽を思う存分味わってほしいんや。

自分が書けることは、自分が体験した包茎手術やちんこ増大手術。出会い系サイトの攻略方法。今も飲み続けているちんこ増大サプリ。このブログの情報が今悩んでいる誰かの手助けになれば、すごく嬉しいと心から思っているで。

超絶モテなかった俺の経験が活かせるかもしれないから、何か聞きたいことがあったら、お気軽に『お問い合わせフォーム』から連絡してや。

では、男を磨いて、花の都で遊ぼうや!

タイトルとURLをコピーしました