ストレスは勃起や精力の大敵

鬼レベルの精力
この記事は約4分で読めます。

ストレスが体に悪いなんて子供でも知ってる話や。あらゆる病気につながるのがストレスなんやから、もちろん「勃起力」や「持久力」「回復力」など『男の活力』にも影響するで。

この記事では男の下半身とストレスの関係についてまとめたで。

この記事を読んで分かること
  • ストレスの種類がわかる
  • ストレスが勃起やモテルのに悪いと分かる

ストレスをゼロにすることは絶対に不可能や。自分にとってのストレスが何であるかを知って、うまく付き合うことが大切やで。

ストレスとは何?

誰もが当たり前のように『ストレス』って言葉を使っているけど、具体的にはどんなものを指すんやろな?

ストレスとは、『外部から何かしらの刺激』を受けると感じる『緊張状態』のことや。『外部』からの刺激っちゅうのは多岐にわたるで。あらゆるものがストレスの原因になるというのがミソや。ざっと挙げただけでも下記の通りや。

心理的要因不安や悩み、焦り多い
社会的要因イヤな人がいる、人間関係の悩み、
仕事が忙しい 長時間労働
多い
性格的要因完璧主義、ネガティブ思考
環境的要因天候や騒音 温度、臭い
身体的要因病気や睡眠不足、運動不足、重い、
きゅうくつ、痛い、ダルい

ワシらが普段「ストレス」と呼んでいるものの多くは、心理的要因・社会的要因がほとんど
や。

なにも悪いことだけがストレスの原因になるのでなく、「一般的には良い」とされることでもストレスの原因になるで。たとえば初デートとか、表彰されて大勢おおぜいの前に立つとかやな。

ストレスが限界を超えると心身に問題がでる

ストレスの原因となるもの一覧を見れば分かるとおり、生活していれば当たり前に受けているストレスも多いんや。人間の体はよくできているから、ちょっとくらいのストレスではダメージを受けないで。

問題はストレスが自分の限界値を超えた時に心身に影響が出てくることや。それ以上ストレスが増えないように、体はサインとして 、全身にいろんな不調をだして気づかせようとしてくるんや。

自律神経系、内分泌系(ホルモン)、免疫系などを介して、色んな身体の反応として現れるんや。

ストレスがあると調子が悪くなるのは、体験的にわかるやろ

身体への悪影響

ストレスが長期間、強くかかると身体の各部に障害がでてくるわけや。

心身症というんや。心の状態からひきおこされた体の病気のことや。

頭痛、高血圧、狭心症、下痢や便秘、おなかが張った感じ、吐き気、腹痛、動悸や食欲亢進、体重減少、息切れ、肌あれ。

この辺りの情報はお医者さんのサイトに任せるとして、ここではストレスを受けると血流が悪くなる事を触れておくで。

血流がわるくなる・・・・これはホンマに困りもんなんや。

ストレスを受けると血流が悪くなるんや。全身の各組織に栄養を届けるのも血液なんやけどそれが落ちるから元気がなくなってしまうねん。

チンコの勃起の際には血流が必要やけど、それも弱るから活力が落ちてしまうねん。

メンタルへの悪影響

自分にとって抱えきれない量のストレスを抱えていると、メンタルへの影響も出てきてしまうで。

ストレスによって自律神経がバランスを崩して交感神経ばかりが優位に働くと情緒が乱れてカリカリモードになってまうで。

  • イライラしたり感情的になる、精神的に不安定になる
  • 漠然とした不安感、気分が落ち込む、憂鬱になる
  • 注意力、集中力の低下、無気力になる
  • 新しいことに消極的になる

女を口説くためには、「明るく」「元気に」「ユーモラスに」「積極的に」接するのが王道やのに気持ちが沈んでいたら、できへんやろ。

せやからストレスに負けておったら、 最高のセックスライフから遠ざかってしまうで。せやからストレス撃退や。

ストレス対策をして男の活力をキープ

悪いことがたくさんあるストレスなんやから対策が必要やな。

睡眠

まずはたっぷり睡眠や。

寝るだけでストレスはだいぶとれるで。体の疲れもストレスになってしまうので睡眠は大事や。

運動

運動も定番のストレス対策やで。

家の周りを10分とか20分ぐらい歩くだけでもすごくいいで。

ストレス源から離れる

ストレスの原因に近づかないことや。

何がストレスになってるか薄々気付いているのに、その原因に自分から近づいておらん?嫌な奴がいるならそいつから離れるだけでもストレス激減やで。

ポジティブシンキング

気楽に考えることも有効なストレス対策や。

ストレスは真面目な人ほどかかりやすいものや。性格やから難しい面もあると思うけど、素晴らしい本を読んで、「いい意味で適当に」考えられる性格に変えると得やで。

まとめ

人が社会で生きている限りストレスとは無縁でいられないんや。

ストレスにやられてしまうと、「身体的」にも「メンタル的」にもパフォーマンスが落ちてしまうから『男の魅力』も減ってしまうで。

このサイトはデカチンになって、女と良いセックスをするためのブログや。

それには色んな方法があって、このサイトで紹介しとるんやけど、強いストレスを抱えておったら全部台無しや。それぐらいストレスは影響力が強いんや。

いい思いをするためにも。自分なりのストレスコントロールを樹立して、『ギンギンの活力』を維持してや。

コメント 「参考になったよ」「ちょっと質問があるんだ」そんなことがあれば、ここのコメント欄に書いてな!松 タケオのチンコは何センチ?とかはやめてな~(笑)

タイトルとURLをコピーしました